お子さんのタイプに合わせての勉強法
免疫力強化で風邪を予防するサプリメント

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進研ゼミ キミナビ

進研ゼミ キミナビって何?


進研ゼミキミナビって何?

自宅での学習をいかに効果的に行うことができるかどうかが、子供の学力向上にとって最も重要な鍵だと考えられるいます。

その中で自分にとって何が課題なのかを自ら考え、学習計画を立てることができる。
実行し、それを振り返る。

この学習サイクルを身につけることが、とても重要です。
進研ゼミ「キミナビ」は、子供が正しい学習方法を身につけられるように診断し、適切な働きかけをしてくれます

子供、一人ひとりが自分の課題を認識しながら、成績が上がる正しいやり方を身につけていかれるように、そして、
「目標の立案」⇒「目標の実行」⇒「実行の振り返り」
という学習サイクルを自ら回していかれるようにすることが一番の課題だと考えられます。

志望校合格はもちろん、その先の、高校、大学、社会に出ても役立つ力になていくことを目標にしているが進研ゼミ「キミナビ」です。

成績があがる学習スタイルがある!
ということと、それを一人ひとりに合わせたカタチで届けたい、という思いから作られた進研ゼミ「キミナビ」にぜひ登録してみてはいかがでしょうか♪

進研ゼミ小学講座
進研ゼミ中学講座
進研ゼミ高校講座




スポンサーサイト

進研ゼミはベネッセの中学生・高校生・小学生向けの通信教育サービスです。
毎月自宅に郵送される問題を解き、返送すると赤ペン先生に添削された解答用紙が届くという仕組みです。

進研ゼミの中学講座では会員専用のチャレンジネットから答案の送受信ができるので便利ですね。
また、キミナビでは個々人の課題を解決する学習サイクルを身に付けるための完全サポートもあります。

更に高校講座「マナビジョン」小学講座「チャレンジランド」もかなり充実しています。

小学生低学年の頃から、進研ゼミ小学生講座を受講し、ゲームやクイズで知識を得て、勉強を遊びの感覚で楽しくとらえた子供は、きっと中学生になったときにスムーズに中学生講座に入っていかれると思います。

インターネットに慣れ親しむということもそうですが、「できた!」という気持ちをはぐくんできているので、自信を持って勉強ができるようになっていると思います。

小学生講座でチャレンジランド中学生講座でチャレンジネット、その先の高校講座マナビジョンと、ベネッセ進研ゼミとは長いお付き合いになりそうです♪




進研ゼミ チャレンジネット

進研ゼミチャレンジネットで成績アップ!


進研ゼミ中学講座とはベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの添削式の通信教育です。

毎月自宅に教材が郵送されてくるので、その問題を解いて返信用封筒に入れて返送するか、ファックスやパソコンで回答を送ります。
その返送された解答用紙を「赤ペン先生」という添削担当者が採点し、間違いに対するアドバイスを赤色のペンで記入して受講生に再度送り返してくれます。

自分がどういう間違いの傾向があるのかなどをそこで理解します。
この積み重ねによって一人で考える力が付き、成績がグングン上がっていくのが進研ゼミ中学講座の特徴ですね。

さらにチャレンジネットというコーナーがあり、会員はだれでも利用することができます。
チャレンジネットは、パソコン上に自分専用ページを持ち、自分だけの学習スケジュールを作ったり、アドバイスをもらえるというシステムになっていてとても便利です。

チャレンジというメインの教材の他にも中学生活全般に役立つサポートや、質問カードという個別のアドバイスがもらえるシステムも進研ゼミ中学講座の良いところです。
また努力賞制度というものがあって、課題を提出することで与えられるポイントに応じて賞品がもらえるシステムは、自発的な学習を促し成績アップに繋がるようなシステムになっていて、すばらしいと思います。





チャレンジネットというサービスをご存知でしょうか。
チャレンジネットは進研ゼミ中学生講座を受講している会員のための、中学生向けのネットワークサービスです。

インターネットを通じて、学習のサポートを受けられるだけでなく、ネットワークを通した交流ができる点が魅力です。チャレンジネットは、特別な端末を使うことなく、家庭のインターネット環境からすぐに利用できます。

中学生のインターネットリテラシーが問われていますが、インターネットを利用することで、役に立つ情報を得ることもできるということを考えると、チャレンジネットのようなサービスを上手く利用して親子でネットリテラシーを上げていく事の方が大切ですね。

チャレンジネットのチャレ友☆広場では、編集室の先生のブログや、投稿コーナーなどで、勉強の悩みや、日ごろの学校生活で気づいたことなどを気軽にやりとりすることができます。
受験勉強に必要な、共通の目標を持つ仲間とのコミュニケーションによって、一人では解決できない課題にもブレークスルーが得られるんです

チャレンジネットによって、受験勉強に必要な情報を自分自身で探し、自分で情報を得て、目標に向けて努力していくことで、受験に合格するという課題だけではなく、自分自身で考える力が身につくのではないでしょうか。




進研ゼミ チャレンジネット

進研ゼミチャレンジネットで受験を乗り切る!


進研ゼミの中学講座では、追加料金なしで中学講座会員なら誰でも利用できるサービス「チャレンジネット」というのがあります。

インターネットから会員番号でログインすることによって様々なサービスが受けられます

自分専用の「Myページ」を覗いてみると毎週のスケジュールや最新アドバイスを表示してくれます。
次の添削問題の提出目標日や自分の努力賞ポイントもMyページで確認することができます。

そして、このMyページから赤ペン先生の添削指導の状況やネットからの答案の返却もチェックできるんです。
自分のやる気次第で、塾よりもこちらの方が有効な時間の使い方ができますね。

その他にも、学習スケジュールの自動作成機能や、入試に関する最新情報や志望高校の情報も受験・進路サポートページから入手できるようになっています。

他にもたくさんの情報や、機能があります。
志望高校に通っている先輩のレポートも見れますし、投稿コーナーなどでは全国の進研ゼミの仲間との交流や情報交換もできます。

通信教育で受験って、孤独な戦いのように思えるかもしれませんが、チャレンジネットを活用すれば20万人が同級生!!
孤独を感じるようなことにはならないですね♪




進研ゼミ チャレンジネット

進研ゼミ チャレンジネットって何?


進研ゼミチャレンジネットとは、進研ゼミ中学生講座「会員専用」の、中学生の勉強、生活を応援するサイトです。

中学生講座の会員なら追加料金無しでいつでも利用できます。

進研ゼミチャレンジネットは、全国で最大規模の中学生ネットワークです。
毎日の学習に役立つ情報はもちろん、進研ゼミの先生や同級生の声が満載だから、見るだけでやる気になれます。

毎日の勉強の効率があがってやる気になる!コンテンツを紹介します。

編集室日記・・・進研ゼミの先生が毎日交代で日記を公開!
ゼミ通WEB・・・毎月の教材のじょうずな使い方を同級生が紹介してくれる!
キミは多数派?少数派?・・・みんなで参加できる投票コーナー。みんなの考えがわかる!

ここで紹介しているコンテンツの名称・デザイン・内容等は変わることがありますが、主にこんな内容を提供しています。

チャレンジネットに登録している20万人が同級生!その20万人の同級生とはげましあってやる気がアップする。
進研ゼミチャレンジネット、ぜひ登録してみてはいかがですか♪




進研ゼミ チャレンジランド

進研ゼミチャレンジランドで知識を広げよう!


進研ゼミ小学生講座の中のチャレンジランドで、ベネッセ進研ゼミと森永製菓の共同キャンペーンがありました。

お菓子の箱でなにができる?
ということで、楽しい工作にチャレンジするという企画です


この企画の狙いは、「ゴム」を使った工作で、試行錯誤しながら工作をする活動を通して、創意工夫する力を育むということと、ゴムの弾性の性質を使うと物を動かすことができるということにも気づけるとよいでしょう、ということが狙いの一つになっています。

親子でひとつのものを創意工夫しながら作り上げていく工程は、とても楽しいものがあるに違いありません。
「おっとっと」や「ちょこぼーる」の箱が車になったり、ロボットになったりするのは楽しいですね♪ゴムの力で動貸すことができるのを学ぶのには最適の工作です。

その他、ニンテンドーとのコラボレーションでは学習ソフト「えいトレ」「読みトレ」などがあり、「自学自習」の新しい形としてとても注目を集めています。
学習する力を養うために色々な工夫や研究をしているベネッセ進研ゼミに今後も注目!!




進研ゼミ チャレンジランド

進研ゼミチャレンジランドでネットを学ぶ。


進研ゼミチャレンジランドでは、パソコンの中で回答した結果を全国の人たちと共有することができます。
ぜんんこく けいさんデキールグランプリ」や、
めざせめいじん!べんきょうばっちりゲーム!」とか、
楽しい名前がついたゲーム感覚のテストがあって、全国での自分の力がわかるようになっています。

応援メッセージをもらうこともできるのが嬉しいところです!
勉強だけでなく、「ほうかごパーク」というところに遊びに行けば、マスコットのコラショと遊んだり、インターネットのことを勉強できたり、ゲームやお仕事検定など、楽しいことが盛りだくさんなんです。

ホームページを見たり、友だちにメールを送ったり、調べ学習に使ったり。
インターネットって、本当にたくさんのことができますよね。

そんなインターネットをもっと楽しく、べんりに使えるようになるために、ゲームからインターネットの使い方を学んだり、インターネットウイルスのことを学んだりできるのが
教えて!なるほど!インターネット」というコーナーです。

小さいうちから、きちんと学んでおきたい知識です♪
こういうコーナーを楽しく利用しながら、インターネットを正しく利用しましょう。




進研ゼミ チャレンジランド

進研ゼミチャレンジランドの会員になろう!


子供にとってインターネットの世界というのは、とても興味深い、未知の世界なのではないでしょうか。
家でも、学校でも、職場でも、いまやパソコンはかなり普及しています。
一人に一台という時代になる日も近い将来かもしれませんね。

最近は小学校でもパソコンの授業があります。
ネットの使い方や、キーの打ち方をすこし教えてくれるのでしょうが、そこが入り口となって、パソコンに興味を持ち、パソコンが好きになっていくのでしょうね。

パソコンは使えないより、使えた方がいいですものね。
進研ゼミ小学生講座のチャレンジランドは、そんな小学生のためにインターネットで勉強をしたり、勉強のゲームをしたり、興味が薄れることがないように工夫しながら学べる、画期的なシステムです。

会員以外の方が利用することもできますが、会員の方しか利用できないページがほとんどなので、興味がある方は会員登録をした方がたくさん楽しめると思います。
英語の勉強もできるし、作文や表現力を身につけるための講座もあります。
塾や学校ではなかなか学べないことを、パソコンで楽しみながら学ぶことができるチャレンジランドはぜひ、お奨めです!

進研ゼミ小学講座チャレンジランド




進研ゼミ チャレンジランド

進研ゼミチャレンジランドで楽しく学ぼう!


進研ゼミ・チャレンジネットの「チャレンジランド」には、チャレンジ1年生?チャレンジ6年生までが載っています。
進研ゼミの「チャレンジランド」は、4月から小学生の新学期が始まるということで、3月後半には、チャンレンジネットが新しくなります。

最近の小学校ではパソコンの時間があって、子供達がパソコンに触れることが多くなっています。
そのため進研ゼミ小学講座でも、小学生でも遊べるインターネット版「チャレンジランド」を作ったのかも知れませんね!

チャレンジランドは面白いし、何よりためになりますよ。
大人でもつい夢中になってしまうインターネットなので、子供が使うにあたっては、時間を決めて長くパソコンの前に座ることがないように気をつけたいものです。

そんなことも考慮してか、進研ゼミ・チャンレンジネットでは、「小学生クイズバトル!」は1日5回までしかできないように、設定してあるので安心です。

進研ゼミ小学講座で、私立中学受験や難関私立中学受験、また中高一貫教育校の受験を考えている方も多いでしょう。
チャレンジネットを利用することで、同じ受験生と思いを共有したり、受験勉強が少しでも楽しくなるといいですね♪




進研ゼミ チャレンジランド

進研ゼミチャレンジランドって何?


進研ゼミのチャレンジランドとは、進研ゼミ小学講座による全国の小学生のためのインターネットサイトです。
進研ゼミの会員はもちろん、会員ではない人も参加することができます。

進研ゼミ会員の人は、毎月の進研ゼミ教材といっしょにチャレンジランドを見ると、より進研ゼミを楽しむことができると思いますよ。

チャレンジランドの進研ゼミ小学講座は、2006年4月時点で、日本と海外の161万人の小学生が受講している、小学生向けの通信教育講座です。
小学生の5人に一人が利用している計算になるそうで、すごい人気であることがわかりますよね!!

その中のメイン教材「チャレンジ1年生」?「チャレンジ6年生」では、コラショや編集室の先生たちなど楽しいキャラクターといっしょに勉強ができます。
それに毎月の「赤ペン先生の問題」では苦手なポイントを丁寧に教えてくれたり、楽しい付録で勉強できたりするので、気がつかないうちに力がついてきます

インターネットを使っての勉強や、その他、子供にとって楽しい遊びや情報を得ることができるチャレンジランドは、子供の能力の発達にとてもいいものだと思います♪




進研ゼミ 高校講座

進研ゼミ高校講座


1969年、高校生のための通信添削講座「通信教育セミナ」が開講されました。
1973年、「進研ゼミ」と名称が変更され、受験戦争の時期と重なり会員数を伸ばしてきました。
現在の高校講座の会員数は2006年時点で32万3000人にもなるそうです。

進研ゼミ高校講座は、郵便・宅配便を利用した通信教育システムです
自宅宛に教材が郵送・配送されてきます。

高1・高2生には教科書・授業進度対応された「チャレンジ」と入試対策教材の「エンカレッジ」および進路情報誌「My Vision」が送られてきます。
受験生には教科書・授業進度対応された「チャレンジ」はなく、「エンカレッジ」と進路情報誌「My Vision」が届けられます。

志望大の受験科目や難易度などに応じて科目やコースを選べるようになっています。
年に数回、自宅で学習到達度や合格可能性を診断する模試がついてきます。
これは過去の進研模試の問題で、そのときに受けていたらという仮定の診断です。

また、ここ数年はネットサービスにも力を入れており、「Benesseマナビジョン(進研ゼミ高校講座会員版)」という会員専用サイトで、定期テストの予想問題ダウンロードや、進研ゼミ高校講座OBOGにネット上でいつでも大学や進路のことなどについて質問や相談などができます。

2005年頃からケータイサービスも開始し、ケータイ暗記ドリルなど、携帯電話を使った学習も会員は追加料金なしで使えます
とてもありがたいですね♪





進研ゼミ高校講座、定期テスト対策ができるシステムがあるのを知っていますか?

定期テストが終わって、
「以前とは比べ物にならないほど、試験問題が難しかった」
「範囲が広くて終わらなかった」
「成績が下がった」
など、いろいろ思うところがあるかと思います。

確かに高校に入ると、科目も増え、範囲は広がるので授業の進みも早くなりますよね。
また、授業の内容も難しくなります。

でもそんなことは言っていられません!

次は同じ後悔をしないように、思い立ったら定期テスト対策を始めましょう。
テストの結果がでてから、
「時間がなかった」「時間切れだった」
という後悔ではなく、次は結果がくるのが楽しみになるような定期テスト対策をしなくてはなりませんよね。

まずは、今までの定期テストに向けた勉強を振り返ってみることが必要だと思います。
冷静に振り返ると、
「試験範囲を振り返っただけなので、単語や細かい年号が覚え切れなかった…」
「暗記ばかりやってたら、演習問題が解けなかった…」
などなど色々な原因が見えてくるものです。しかし、原因がわかれば対策は立てやすいものです。

「どうにかしたい」ポイントはどこにあるのか良く考えて、それを克服する努力をしなくてはいけませんね。
克服するために、進研ゼミ高校講座定期テスト対策教材、サービスを利用することをぜひお奨めします!

定期テスト 虎の巻まなびどっとこむ





ベネッセの運営する「マナビジョン」は大学・短大を目指す高校生を応援する進学応援サイトです。

進研ゼミとは別に一般向けに受験情報やコンテンツの提供を行っています。
一方で、進研ゼミ高校講座会員専用のマナビジョンもあります。

進研ゼミ高校講座会員専用のマナビジョンは、進研ゼミの学習がより効果的に行えるように様々な機能が充実しています。
進研ゼミ中学講座のチャレンジネットの高校講座版とも言えるでしょう。

マイページでは自分にとって有益な情報を一覧することができます。
マナビジョンには「my合格ナビ」というものがあって、これは自分自身の希望進路や基本情報を登録すると、登録した内容に合わせて効果的な学習方法や進路・入試情報など、アドバイスが受けられるというシステムです。

特に志望大学を登録すると、その対策にあったサポートが受けられます。
自分の目標を達成するために今何をするべきかということが分かるようになるので、とてもありがたいです。

ベネッセのこのような大学受験に必要なシステムを上手に利用して、志望大学合格を勝ち取りたいですね♪





進研ゼミ 高校講座

進研ゼミ高校講座「my学習ナビ」


進研ゼミ高校講座には、
やる気のサポート 学習法やアドバスをお届け「my学習ナビ・my合格ナビ」 「だから、続けられる」豊富な個別サポート。
やるべきことをタイムリーにネットなどを使ってお届けするシステムがあります。

my学習ナビ(my合格ナビ)」は、自分専用の「学習・進路アドバイスサービス」です。
登録すると、「希望進路」などの情報に合わせて、必要な学習アドバイスや進路・入試の情報を、必要なタイミングで先回りして届けてくれます

メールで自分専用のアドバイスを届けてくれたり、自分専用の学習アドバイスシートを届けてくれたり、毎月の教材と一緒に活用法を届けてくれたりと、様々な方法でしっかりサポートしてくれるので、日々の学習を大切にしながら、目標に向けて着実に力をつけていくことができます。

メルナビ」という メールナビゲーションサービスもあります。

登録情報に合わせて、オススメの「ゼミ」活用法や、定期テスト対策法などの学習アドバイスをメルマガにて行っています。

毎月届けられる「ゼミ」教材をどのように使えばよいのかを、「部活の忙しさ」「志望大レベル」といった登録情報に応じて、専用でアドバイスしてくれます。

また、例えば高1生なら「定期テスト」や「文理選択」など、学習・進路選択に役立つアドバイスも、時期ごとに届けてくれます。

頑張れる進研ゼミ高校講座、ぜひ試してみてくださいね♪






進研ゼミの中学講座には難関大学合格を目指す中高一貫校正のための専用講座として「難関私立中高一貫講座」があります。

中高一貫校では当然のことながら高校受験がありません

つまり6年間をある意味で大学受験の準備期間とも捉えることができるのです。
普通の中学高校にはないメリットなのかもしれません。

当然、中高一貫高独自のカリキュラムの中で6年間を過ごすわけですが、進研ゼミでもその6年間を一貫してサポートする講座がこの「難関私立中高一貫講座」。

6年間を3つの期間に分け、最初に2年を基礎力養成期としてここで中学の3年分はもう終わりにしてしまいます。
そして、次の2年間で高校の基礎課程は終了してしまいます。
最後に2年間が大学受験対策になります。

中高一貫校でしか実現できない大学受験対策になりますね。

普通の中学生が高校受験に悩んでいる頃に、難関大学合格という明確な目標の元に6年間を集中して過ごすことができるわけですから、かなり有利に難関大学にトライできるということになりますよね。

色々な面から受験をサポートしてくれる進研ゼミ中学生講座はすばらしいと思います。





進研ゼミ 中学講座

進研ゼミ中学生講座キミナビ


進研ゼミ中学生講座には、「キミナビ」というシステムがあります。
進研ゼミの中学講座の特徴のひとつになっていると思います。

成績を上げるためにどうするべきか・・・

自立的に自分で勉強方法を試行錯誤してみて、その中で自分に合った勉強方法をみつけること・・・いかに勉強方法を自分のものにできるかにかかってくると思います。
学校の授業も大切ですが、自宅での学習を効果的に行っていくことが、成績向上にはかかせないことです。

自分にとって今、一体何が課題なのかを自分自身で考え、学習計画を自立的に立てられること。
そして、その計画を実行し、それを振り返り、欠点を克服するということ。
このような学習サイクルを身に付けることが一番大事です。

進研ゼミ中学生講座の「キミナビ」は、
「目標の立案」→「目標の実行」→「実行の検証」
というサイクルを自立的にまわしていけるように、子供を診断してアドバイスをしてくれます。
そして、子供が自分自身で自分の課題を認識しながら、成績が上がるための正しい方法を身につけていくことができます。

この自立的な学習サイクルを身に付けることで、勉強がわかるようになり、勉強が好きになり、成績が伸びることに繋がるのだと思います。

志望校に合格することは、このサイクルを身につけることができるかどうか・・・
ということなんですね♪







進研ゼミの中学講座・チャレンジネットは中学講座会員なら追加料金なしで誰でも利用できるサービスです。
インターネットから会員番号でログインするだけで、様々なサービスが受けられます。

自分オリジナルのページ:Myページからは毎週のスケジュールや最新アドバイスが表示されます。
自分の努力賞ポイントや次の添削問題の提出目標日なども確認できます。
また、赤ペン先生の添削指導の状況やネットからの返却答案もこのMyページから見ることができます

その他にも、学習スケジュールを自動で作成することができたり、受験・進路サポートページでは入試に関する最新情報や志望高校の情報もチェックすることができます。
また、志望高校に通っている先輩のレポートも見ることができます。

投稿コーナーなどでは全国の進研ゼミの仲間との交流も図れるのが嬉しいですね。
追加料金なしの無料なので、ぜひ利用したいシステムです!!







進研ゼミ中学生講座には、努力賞制度というのがあります。
課題を提出するともらうことができるポイントで賞品がもらえるシステムで、やる気の継続がはかれるのが進研ゼミ中学講座の特徴です。

塾に通ったり、家庭教師に付いたり、課題の量がものすごく多かったり、色々な勉強方法がありますが、進研ゼミ中学講座は他の勉強法と比べて自宅でマイペースにやれるのが、良いところですね。

じっくり時間をかけるところと、効率よく素早く進めるところを自分自身で選んで勉強出来ます。

学校の定期テスト対策としては、「定期テスト対策教材」で学習計画をたてる事、暗記対策、問題演習まですべてサポートしてくれます。
豊富なイラストや図解を使い、「わかりやすさ」や「自分で考えること」に徹底してこだわった教材も、進研ゼミ中学講座のオリジナルなところです。

学校の勉強がわかるようになると、勉強も楽しくなるし、結果的に成績が上がることに繋がりますよね。
マイペースでできて、しかも赤ペン先生の添削指導があって、一対一の感覚で勉強できる進研ゼミ中学生講座をぜひ試してみてください!!





進研ゼミ 中学講座

進研ゼミ中学生講座とは・・・


進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座はベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの通信教育講座のことです。
毎月自宅に送られてくる教材の問題を解いて、それを郵送かファックス、パソコンのいずれかで送り返すと、その答案を赤ペン先生という添削指導員が採点、間違いに対するアドバイスなどを書いて送り返してくる添削式の学習方法です。

受講生は送り返されてきた赤ペン先生の丁寧なアドバイスを見て理解することで、自分がどこで、どう間違えたのか、を納得することが出来ます。
それによって自分の力で考えることが出来るようになり学力アップに繋がるのが進研ゼミ中学講座の良いところです。

チャレンジネットというパソコン上の、自分専用ページで自分専用のアドバイスや学習スケジュールがもらえるのも人気の秘密です。
一対一で指導を受けている感覚がいいのでしょうね。

チャレンジというメインの教材の他にも、勉強だけではなく部活などを含めた生活に役立つサポートや、色々なことを個別に質問できる質問カードによって自分専用のアドバイスが届くシステムも嬉しいですね。







進研ゼミ小学生講座「ちゃれんじ一年生!」♪
というコマーシャルをテレビで良く耳にしますよね。

一年生のための「チャレンジ一年生」は、初めての勉強から楽しくできる!大切な基礎力をしっかり固め、応用力まで伸ばしていくことを目標にしています。
小学校6年間の学力の基礎となる大切な入り口の1年生では、
学ぶ楽しさ」と「できる自信」をいっぱいに、小学校生活をスタートさせてあげたいものですね。

「チャレンジ1年生」では、子供の「勉強って楽しい!」という気持ちを大切にしながら、
もっとやりたい!」という勉強への意欲を伸ばしていく教材作りをしています。
1年生の子供達が楽しみながらムリなく取り組める工夫がいっぱいつまったオリジナル教材が用意されています。

基礎から応用までしっかりと身につき、問題を解けた時の達成感を味わえるようになっています。
その達成感の積み重ねが、子供にとって自信に繋がり、しいては勉強を好きになることにも繋がっていくと考えているのです。

一年生にも勉強・・・と考えるのではなく、成功、達成することの楽しさを学ぶ、と考えると、利用してみたい気持ちになりますね!!







進研ゼミ小学生講座の学習システムですが、知識や技能を組み合わせて使いこなす力「リテラシー」を育てるということを目標にしています。

「リテラシー」とは、これからの子どもたちが、まわりの人々や家庭・学校・地域の中で、よい関係を築いたり、自分の力を活かしていくために、知識や技能を組み合わせて、使いこなす力のことをいいます。
今、社会そして入試でも問われはじめている、そんな力が「リテラシー」です。

進研ゼミ小額瀬講座では、こうしたリテラシーを伸ばしていくために、4つの力を育てます。
全ての礎となる「基礎基本」の力。
そしてこの力をベースとした「読解力」「思考力」「表現力
これらの知識と技能を組み合わせて使いこなすことで、机の上の学びだけにとどまらず、自分の生活の中で課題を見つけ、解決していく力。

進研ゼミ小学講座はこれらの子どもたちに、本当に身に付けてほしい力だと考えて、独自の教材とカリキュラムで「リテラシー」を伸ばします。

今の小学生にたりないものがこの「リテラシー」だと感じます・・・
これを伸ばす教育を受けられることは子供にとって、とても有意義なことですね!
勉強をしながら、リテラシーも伸ばせる!!
本当にすばらしいシステムだと思います。







進研ゼミ小学生講座への入会から受講までの流れをご説明します。
ベネッセの通信教育サービス「進研ゼミ小学講座」の入会は進研ゼミホームページおよび電話・ハガキ・FAXから申し込みができます。

小1・2講座は申し込み受付後、約1週間で教材が届きます。(年末年始・GWなどの連休を除く)
小3?6講座は申し込み受付後、3日前後で教材が届きます。

その後の受講費の支払いに関しては、
受講費は最初の教材が届いてからの支払いになります。

入会申し込み時の入金方法は、振込(郵便振込またはコンビニ振込)、またはクレジットカード払いから選べるようになっています。

振込で入金する場合は、初回教材に同封している専用振込用紙で、教材到着後7日以内に入金することが義務付けられています。
「毎月払い」の人には毎月の教材に振込用紙が同封されてくるので、それで支払います2006年4月より、クレジットカードの使用も可能になったようです。





進研ゼミ 小学講座

進研ゼミ小学生講座の教材


進研ゼミ小学講座の教材は、子どもの成長に合わせて体系的に学習していくステップアップ・カリキュラムとして、6学年一貫した指導計画になっています。

子どもが「家庭で」「自分で」勉強する態度と方法を身につけながら、教科書を入り口に、学習単元ごとの「本質」をとらえ、中学、高校での学習へつなげられるよう系統立てて指導しています。
やる気をひきだし、学習習慣をつけることを目指しているのです!

毎日無理なく楽しく学習できる分量で構成された
メインテキスト「チャレンジ1?6年生」は数百タイプの中から自分が使用している教科書にあわせたものが送られてきます。

添削課題「赤ペン先生の問題」では担任の赤ペン先生が一人ひとりの子どもに合わせた指導でやる気をひきだし、つまずきをなくしていくような指導をしてくれます。

インターネットでは、学習スケジュールの管理や活用状況が把握できる「やる気&学力ナビ」を利用できます。
加えて、添削課題にとりくむためのやる気を高める「努力賞」、
やる気が低下している場合に、赤ペン先生がはげましのお手紙をお送りする「がんばれレター」などの制度があります。

子供は、褒められたり、励まされたりしながら、育っていくものですものね!





小学生に最も利用されている自宅学習教材、それが「進研ゼミ小学講座」といわれています。

月々3000?5000円で主要教科のテキストと添削指導をはじめとする教材が届きます。
毎月のテキスト、担任制の赤ペン先生による添削課題のほか、学年・時期に応じた多彩な教材が届きます。

受講費の支払い方法は、毎月払いと、お得な6か月分一括払い、12か月分一括払いがあります。
入会金などはありませんので気軽にはじめることができますね。

また、お友だちや親戚に進研ゼミを受講されている人がいる場合は「お友だち紹介制度」による入会ができるそうです。
お友だち紹介制度 通常の入会よりも少しお得になるそうなので、利用できる人は、利用した方がいいですよ。

進研ゼミ小学講座オリジナルの指導計画は、断片的な知識の詰め込みではなく、
「なぜ、そうなるのか?」
の原理・原則を理解し、応用する力を伸ばすことにこだわって作られているようです。

教科書の枠外であっても、小学・中学・高校と学びを重ねていく上で、小学生の今、子どもたちに教えたほうが理解が深まり応用力もつくと判断した内容は、しっかり扱っているので安心ですね!






進研ゼミ 小学講座

進研ゼミ 小学生講座とは・・・


進研ゼミ(しんけんゼミ)とは、ベネッセコーポレーションが行っている小学生・中学生・高校生向けの添削式の通信教育です。
1969年、高校生向けの通信教育講座「通信教育セミナ」が開講し、小学生向けに「進研ゼミ小学講座」が生まれたのが1980年。
「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす教材として親しまれていますよね。

2006年4月現在、国内はもちろん、海外も合わせて161万人の小学生が利用しているそうです!
これは小学生の約5人にひとりの割合に相当するらしい。

世間には多種多様な塾、個別指導、添削指導、公文式などの学習方法がありますが、5人にひとりの割合に相当するというのは、画期的な数字ですね。
それだけ、評判がいい、ということにもつながると思います。

塾に行くよりも、自宅での添削指導。
自宅での添削指導ということになると、毎日机に向かう時間ができるわけで、机に向かうことを、習慣づけるのにはとてもいい勉強方法ですね!
進研ゼミというと、堅い印象を受けてしまいますが、赤ペン先生の愛称で親しまれているのも良いです!!





  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。