お子さんのタイプに合わせての勉強法
免疫力強化で風邪を予防するサプリメント

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進研ゼミは、やはり問題の量からして勉強の習慣をつけることを目的とする場合に最適だと思います。
勉強のやり方がわからなかったり、何から手につけたらよいのかわからない、というタイプの子供が学ぶには、かなりわかりやすいと思います。
勉強を習慣付けることを課題に取り組んでいこうと思う人は断然進研ゼミが良いと思います。

Z会のほうは、問題量、難易度共に日常学習のメインとしては少しレベルが高いという印象を受けます。
中途半端な意志ではその月の教材をその月の間に終わらせることは難しいと思います。
ある程度、勉強の習慣がついている方でないとやっぱり活用は難しいでしょう。
大学受験でもZ会は難しく、また厳しいことで有名ですよね。

進研ゼミとZ会の比較の中で、優劣はもちろんなく、いかに自分に合っているかを見極めることが大事です!!
背伸びしても学習が身につかなかったら意味がないし、学力を伸ばして行こうと思うなら、少々高いハードルでもクリアしなければならないだろうし、その子によって全く違う選択があって当然だと思います。







スポンサーサイト

高校入試に重要な内申点をあげるために必要なのが「定期テスト」ですよね。
定期テストでよい点数を取らないと、ほとんどの場合、内申点がよくなることはないでしょう、そのために定期テスト対策を進研ゼミでもZ会でも積極的に行っています。

Z会では、受講科目のみに「定期テスト攻略BOOK」という対策教材がついてきます。
英語・国語・数学・理科・社会の5教科でそれぞれ年1冊です。
学校によってまちまちではありますが、予想問題の的中率は意外と高いようです。

進研ゼミでは、「定期テスト予想問題集」という教材が学期に一回届けられます。
これは5教科です。
また、「定期テスト暗記BOOK」という赤シートで暗記をする教材が届けられます。
理科、社会、英語、国語に加え、さらにリスニングもついてきます。

公立中の一般的な定期テストならば、進研ゼミのほうがレベルが合っていると思います
Z会は学校の定期テストのレベルよりも少し高めの感覚でとらえた方が間違いないような気がします。


内申書対策はこれは必須 評価1位!
【送料無料】学研教材 ニューマイティーV 中学2年理科・社会セット
教科書にピッタリ!最新版







進研ゼミZ会の情報量はどのような違いがあるのでしょうか。
進研ゼミ、Z会、ともに主に受験に関する情報が送られてきます。
中には先輩の勉強法や、合格体験記、生活面での相談事、さらには恋愛相談に至るまで様々な情報が載ってることもあります。

Z会では、「ZCLUB」という冊子が毎月届けられます。

「高校入試応援book」では受験生の1年間・志望校選択の重要ポイントはコレ!・志望校を考えよう・高校入試を斬る!・絶対評価と入試の関係
平成19年度入試はどうかわる?などが取り上げられ、入試についての情報を得ることができます。

また、インターネットを利用した「ネットプラス」というサービスも魅力的ですよ。

進研ゼミでは、「チャレンジ組」という冊子が毎月届けられます。

「47都道府県別 高校入試ガイダンス」
「春の/夏の/秋・冬の志望校合格アドバイス」などがあります。

進研ゼミ独特のサービスとして「レポート」と呼ばれるものがあります。
各高校に在籍する進研ゼミ会員が書いた高校生活に関するレポートや、受験勉強に関するレポートなどが、インターネットやファックスなどを通じて手に入れることができます。

特にインターネットを通じての情報提供はすばらしいものがあります。
また、高校受験情報Netというものもあり、最新の受験情報をリアルタイムでチェックできるのも特徴の1つでしょう。

情報量、提供方法ともに飛びぬけているのが進研ゼミですね♪






進研ゼミZ会の料金の比較をしてみます。
どちらも12ヶ月一括払いか毎月払いかなどで変わってきます。

■12ヶ月一括払いの場合■
Z会(全科目レギュラー)進研ゼミ
1科目4000円 -
3科目8650円 -
5科目12300円 4740円(1年生は4980円)


■毎月払いの場合■
Z会(全科目レギュラー)進研ゼミ
1科目4900円 -
3科目9900円 -
5科目13700円 5556円(1年生は5840円)


進研ゼミはとてもにリーズナブルな値段です。
特に1科目あたりの値段に換算すると大きな差がでてきますね。
Z会は1科目ずつ取ることができることが強みです。
苦手な教科だけ取ったり、3教科だけ取ったりと、自分のニーズに合わせた科目の選択をすることができます。

料金の面では進研ゼミのほうが断然安いですが、値段で判断するのではなくて、教材の内容や自分に合ったものを選ぶことが大事だと思います♪





進研ゼミ Z会

進研ゼミとZ会の比較


日本を代表する2つの添削教材、Z会進研ゼミ
両者の存在は誰もが知っています。
しかし、これらの教材がどのような違いがあり、どちらを選んだらよいのか、迷う人は多いと思います。

毎月届けられる問題の質や量を比較してみると、Z会では、 登録コースにもよりますが、質の良い、やや難しい問題が届けられる気がします。
公立中学校で行われる授業の1ランク上のような感じでしょうか。
学校の問題だけでは物足りない、そんな方にはうってつけです。

量の比較をるすと、講義、練習問題、添削の三段構成で、5科目の場合、気を抜くと、一ヶ月で終わらないほどの問題量があります。
サボると添削がどんどんたまってしまった人が多いようです。

それに比べて、進研ゼミは、 絵や図が多くちょっと物足りない気がします。
授業対策の方は若干質が低く、高度な知識を要する難問というのはほとんどありません。
受験対策の方が過去の入試問題から抜き出しているだけあって質はそこそこ高いようです。

量的には、授業対策の方は明らかに量が少ないです。
集中すれば3時間で1ヶ月分が終わるような量です。
受験対策の方もやや少なく感じます。

無理なく、自分のペースで基礎学力を身につけたい方は進研ゼミ
ワンラク上のクオリティーを求めるのならZ会が良いと思います。





  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。